2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017.03.01 (Wed)

人生に四季あり

2月27日

今日は1日中、心身ともに温まるような
いいお天気でした。

遠くから娘のような友人が訪ねてくれたので
料理長にひな祭り特別御膳を注文しました。

あんなこと、こんなこと、人生の深い話を
いっぱいして涙ぐんだり笑ったり。

彼女の年齢の時の自分はどうだったかしらと
思いを馳せます。

悩んだり苦しんだリがあって普通よ。
ただね、それをどうとらえてゆくか。
突進してぶつかって転んで学ぶか
将来を予測して「危うきに近寄らず」で行くか

私はたいていやってみるほうだわねえ・・等々。

動かなければ動かない結果が
動いたなら動いた結果が現れる。

自分の選択を信じられるかどうかに
かかっているのです。

自分を導くのも、後押しするのも
ほんとは自分自身なんですよ。

過去も未来も、あの世もこの世も
み~んなつながった世界なんですからね。

さて、清泉亭の長い廊下の真正面のお雛様は
ことしはちょっと小さめに
上質でおっとりした雰囲気に飾ってみました。

名物裂をちりばめた風炉先屏風は
春慶塗の縁がついています。

金朱色の高さのある台に載せて
遠くからでも堂々と見えるように。

女の子のお節句シーズンですので
喜んでいただけますように。


21:25  |  未分類

2017.02.24 (Fri)

小田温泉の初午祭

気温は6度ですが日中は好天で
小田温泉では初午祭をいたしました。

大祓祝詞ののち、日ごろお守り、お導き下さる
お力に対して感謝の言葉を奏上して下さいます。

小田神社の宮司様は小田温泉の事については
これ以上ないくらいにご存じで
詳しく細やかにご報告をして下さいます。

夫との道のりを思い、いまの快復ぶりに
自然に涙があふれます。

ほんとにおかげさまで、というほかありません。
本人の心に嘆きや苦しみがないのは
取り除いてくださったからに違いありません。

看ている私にも不安や恐れがないのですから
どちらが先とは言えませんが
心は響き合うのでしょう。

このところ冷たい風が吹き荒れて
きれいな花があまりないのに
清泉亭のテラス前の梅の花が
ひときわ目立って咲いていました。

これは薄桃色、数本離れて真っ白もあります。
高雅な香りも漂って
初午祭を共に祝ってくれているようです。

お昼席は急にお客様が増えて
「お稲荷様の御利益ですね」と喜びました。

宿のホールのお雛様です。
京都の名工、片岡光春の作品です。
ころころとまあるい雰囲気の「おぼこ雛」
白木の枠の御殿屏風、手描きの梅も華やかです。

今日は友人とゆっくり食事をしながら
仕事や世間話しに花が咲きました。

縦横に活躍しながら、私の仕事も良く助けてくださり
ほんとに感謝です。
おかげ様で、徐々に力が漲ってきます。

どなた様もよき週末をお迎えくださいませ。



23:02  |  未分類

2016.10.28 (Fri)

日々是好日

冷んやりとした風とともに
庭一面に、ツワブキの花。
見え隠れするなごりのミニトマト。

さて急に冷えてきたときの養生食
具だくさんのみそ味シチュー。
夫もとても気に入ったようです。

朝ごはんに作りましたけど
いつでもOKですね。
納豆ご飯に果物をいっぱい。

一人分でも簡単にできる顆粒片栗粉を発見。
とっても便利です。
のっぺい汁もすぐできます。

暖房をするようになりましたので
水分不足にならぬよう注意が要ります。

昨日は初めてのショートスティ
今日は続けて近くのディケア
どうなることかと思いましたが

案ずるより産むがやすし
大いに気分転換になったようです。
気を使うことや、少々の我慢は
やはり、脳の刺激ですものね。

外の珍しさ、家の良さもわかります。
今夜は外国人の選んだ日本の名曲、
という番組があってずいぶん長くTVを見ました。
椅子も自分で選んで移動しています。

知ってる曲は手でリズムをとっています。
「あの年中日焼けしてる人誰だったかしら」
「松崎だろう」「えっ?」
「松崎しげる」「ああ、そうだわね」
なんか私よりわかっていそうです」

やっぱり、プラズマローゲン効果はありそうです。

調子の上下はあるものの
良くなってくれてることに感謝する日々です。




01:13  |  未分類

2016.04.10 (Sun)

花に嵐の

4月8日
明日ありと 思ふこころののあだ桜
夜半に嵐の吹かぬものかは

昨日のすさまじい風と雨にさらされて
大方の花が散ってしまったというのに
小田温泉の桜の強さに感心しています。

それでも続く並木はとりどりの緑が
まぶしいようです。

日々の過ぎ行く速さに驚きます。
出雲地方は4月が雛の月なのですが
3日を過ぎると
館内がこどもの日の支度に追われます。

まもなく見参
大見得をきる童暫。
桃太郎や金太郎。
童子人形も大好きです。

桜の緑が目立ち始めると
初夏の風が吹きわたります。

めに青葉 やまほととぎす  はつかつお
山菜類が豊かになってきます。


12:22  |  未分類

2015.11.23 (Mon)

スサノオの歌、世界へ

11月20日
今日から始まっています。
世界カラオケ大会。
スサノオ愛の神、世界の頂点を目指して
天まで届けと響きます。
大阪出身の竹中さん、アジア代表で出場しています。

あらためて歌詞をご紹介します。
------------------------

    スサノオ~愛の神~

山は唸り 火炎天を焼き 灰は地上を埋める
龍のごとく動く大地 天空は曇る
いく千年 いくたびも 生きて 生きてはほろび 
滅んでは生まるる 苦しみの時 人びとよ 
スサノオ スサノオと わが名を呼べ
われは大地に満ちて すべてを実らせよう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天は轟き 山は裂け 水が大地を呑む
龍のごとく走る海原 何もかも無にして
いく千年 いくたびも 生きて 生きてはほろび 
滅んでは生まるる 嘆きの時 人びとよ
スサノオ スサノオと わが名を呼べ
われは海に満ちて すべてを育もう
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
時は過ぎ 大地は実り 水はいのちを運ぶ
龍も安らぎ天にかえる やがては眠る
いく千年 いくたびも 生きて 生きてはほろび
滅んでは生まるる 喜びの時 人びとよ
スサノオ スサノオとわが名を呼べ
われは宙〈そら〉に満ちて この星を愛に包もう
               この星を愛に包もう


16:04  |  未分類
 | HOME |  NEXT