2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.05.23 (Tue)

大事にされると

夫をディサービスにお願いをして
四絡地区の運動教室に行ってきました。

総勢30人くらい、1時間の予定を少し増やして
フィンガースポーツの使い方をアピールしました。

大きな声で数を数えながらすることによって
有酸素運動になりますよ。

身体に直接小さな振動を与えることで
血流を促します。
ちょっと考えたり、ややしんどかったりは
みんな脳を刺激しているんです。

田浪センター長がユーモアを交えながら
細やかに先導します。

15分、20分でこんなに汗ばんでくるのが
すごいでしょう。

必ず1万歩でなくても、5キロ走らなくても
同様の効果が得られる運動方法があるんですよ。

座っていても、寝ていてもコツさえわかれば
いい鍛え方があるんです。

自分の元気が周りの人を助ける、
そんな時代が来ています。
誘いあって元気でいましょうね。

そんなことを合間に話しながら
役立つ時間にしてみました。

フィンガーをやってから
ゲーゴル輪投げをしたものだから
まあ、賑やかで楽しいこと!

「またお声をかけてくださいね~」と言って
帰ってきました。

行政が予防介護にかける費用を削減しています。
倒れてから看護するより
倒れないように見守り、助け合う方が
どう考えてもいいと思いますがねえ。

ただ、多くの人が自分を当事者とは
考えないのが現実ですね。

どんな情報を得ることが出来て
実践できるかにかかっています。

「天は自ら助くる者を助く」です。

元気を取り戻したベゴニアに
花がいっぱいついてきました。

だいじにされて喜ぶのは
花も人も同じようですね。



20:55  |  つれづれ

2017.05.23 (Tue)

記念日

5月20日

母の日に京都の娘から届いた
愛らしい色のベゴニアが
数日で花を落としてしまい急きょ庭に出してみました。

今朝見たらなんと、新芽がぐんぐん伸びて
見違える程、元気になっていて喜んでいます。

若女将がくれたガーディニアが
とても勢いがあるのでそれにつられたのかもしれません。

昨日はディサービスから戻った夫がニコニコ。
5月が誕生月の人を
お寿司屋さんへ連れていってくれたのだそうです。

「まあ、それはよかったですねえ
有難うございます。」
先日もデイケアで素敵なお花を頂いたばかりです。

普段のお世話もさることながら
様々な工夫で利用者の心が明るくなるよう
考えて下さる姿勢に頭が下がります。

言葉の不自由な夫が
「トイレに行きたい」といい、我慢もできて
用を足せる。
よその施設のカラオケ大会に立ち寄り
マイクを向けられたらすぐに
「北国の春を歌われたんですよ」

「ええっ、声が出たんですか」
「はい、驚きました」

聞く方も言う方も、もちろん本人も
笑顔いっぱいです。

なんて嬉しいことでしょう。
大きな一歩です。

「あなた、またカラオケ行きましょうね。
お寿司屋さんも行きましょうね。」と

胸が熱くなりました。

デイケア、ディサービス
お願いしてよかったと心から思います。

40代の頃、夫が作ったぐい飲みの
池の蓮が、のびのびと揺れています。



20:53  |  つれづれ

2017.05.18 (Thu)

いやしの庭

5月17日
夫が出かける時間は日差しが強くて
「暑くなりそうね」と服を1枚脱がせたのに
夕方は、急に肌寒くなりました。

雨粒が落ちる寸前に部屋にかえれて
ホッとしました。

私自身は色々仕事に追われて
落ち着かないのですが

庭に出ると草木の伸びる勢いに
圧倒されたり癒されたりです。

無花果の実がついてくれるようにと
根元に栄養を注いだら
育たなくていいものまでものすごく繁茂して
ちょっとあきれています。

なんて、人間の勝手な思い込みですよねえ。

1本の木に白から濃いピンクまで
何種もの彩りで咲いてくれるつつじがあります。

不思議なきれいさです。
野イチゴが実ってきました。

実った先から小鳥でもついばんでいるのでしょうか
とった後が目立ちます。

池の菖蒲も紫、黄色と競うように咲いています。
実にのどかでいい風景です。


10:19  |  つれづれ

2017.05.18 (Thu)

母のおかず

5月16日
昨日の海は大荒れ。
今朝は肌寒く、ストーブをつけました。
波しぶき、絶え間なく押し寄せるエネルギーは
見ているだけでもわが身に充満しそうです。

里の姉からの荷物にさやえんどう、茗荷の茎
とびっきりおいしいトマト。
膨らんださやをはずしてグリンピースご飯を作りました。

とれる野菜は出雲も千葉も似ています。
茗荷の茎は細く切って新玉ねぎと絹さや、
うす揚げも細ぎりに、甘から醤油味で煮て
卵とじにします。

7人家族の我が家ではこの時期には
よく食卓にのったおかずです。

量を増やすために豆腐を入れてあったりしました。
玉子味噌っていって炒り玉子に味噌を多めに入れて
濃い目の味にし仕上げて、ご飯に混ぜて食べる。

それにも豆腐が加えられました。
懐かしい母の味です。

そのころよりは見た目が洒落ていますけど
私もよく作ります。

6月の披露宴、孫が3人参加することになりましたので
服装も思案中です。

アンティークの留袖の中から
夫婦の鶏の表情の素晴らしさに感激をして
数年前にロングワンピースを仕立てました。
刺繍も驚くほど丁寧です。

羽織るものは時期に応じて工夫できます。
姉や弟のところも小さな孫たちがいます。

こんなスタイルなら世話をするのも楽なことです。


10:16  |  つれづれ

2017.05.14 (Sun)

思いきって

大風が吹いたり、叩き付けるような雨があったり
それでも小田川はおとなしいものです。

橋向こうに、一面のクローバー広場があります。
子供のころを思い出して四つ葉を探してみましたが
ありませんでした。

充分な幸運を頂いているので
きっともういいのでしょう。

孫たちが探せばすぐに見つかる気もします。

お日様や雨風のエネルギーを受けて
ご近所の庭の琵琶が鈴なりです。

重さに耐えかねた枝が足元まで下りています。
紫蘭の花を隠してしまいそうな勢い。

6月に千葉で姪や甥の婚礼があります。
夫をショートスティにお願いして
思い切ってお祝いに行きたいと思っています。

着物にするか、夏のドレスにするか思案中です。
最近はめったに開けない
フォーマル用のタンス

12年前くらいのチュニックがありました。
平田出身の染色家、こくたせいこさんの作品で
大好きだけど体重オーバーで着られなかったものです。

何が目立つって腕がシースルーですもん。(笑い)

同素材のロングスカートがついていますし
白のパンツでも良さそうです。

今は当時同様に着られます。
ふふふ、腕にゆとりがありました。

前日に行ければ着物にしたいところですが
右腕に不自由があって袋帯を
自分で締めるのがちょっと難しいのです。

久しぶりに親しい人たちに会いたいなあと
心が躍ります。

穏やかなお天気で
世相も落ち着いていてほしいものです。



17:39  |  つれづれ
 | HOME |  NEXT