2010年01月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

2010.01.31 (Sun)

目を見開かされること

最近は、ニュースはテレビや新聞より断然インターネットでみる。

なにか大きな事件があるとリアルタイムでネットにのる。

そしてそれがどんな意味を持つかは、気の利いたコメントを発信しているブログを見ることにしている。
これが実に面白くためになる。

本名を名乗る人もあれば秘める人もいる。
ツイッターといって140字しか書き込めないものもある。
小鳥のさえずりという意味らしい。

今はこのさえずり人口が、250万人を超えるという。

新聞記事がいい加減ならすぐ「この記事はおかしい、実際はこうだ、」とのる。
もちろん反対もあり、だ。

どうかすると正しい意見を書かせまいと連続投稿で画面を埋めてしまう人たちもいる。
しかし強引なやり方は、かえってヒンシュクをかうのだ。

私はここ10年ばかり古代史を調べているので、いままでの教科書などが
いかに事実と違うかはわかるので、捏造されるものの意味を考えることにしている。

そういう意味では優れた意見に会うととてもうれしい。

「真実の探求」をモットーにしていると、思わぬところでアッという扉をあけることがある。

よく見るサイトの意見記事の中で、捏造はいろんな分野であるようですよ。
どうも、癌の原因は細胞分裂ではなくて、真菌感染だそうです。と、
関連記事の貼り付けがあった。

私はその記事を見て本当に驚き、目を見開かされた。

イタリアのトゥリオ・シモンチーニ博士の「すべての癌は真菌〔カンジダ菌〕の感染による」という
ユウチューブでの説明であった。

カンジダ菌が組織を侵食した際、組織側が防衛のために細胞を増殖させた姿が癌なのだという。

したがって真菌感染したがん細胞を、重炭酸ナトリウム溶液で洗浄すれば真菌が死んで
ガン化した細胞は正常になる。
ガンのもとは殆ど白い、赤いのは炎症のせいである、と。

説明は画像つきなので実にわかりやすい。

詳しく知りたい方はヤフーでも、グーグルでも「シモンチーニ博士」あるいは
「癌は真菌である」と入力してみて下さい。

重炭酸ナトリウムは重曹のことです。
皮膚癌はヨードチンキがよく効くそうです。

私は思わず笑ってしまいました。
そういえば数年前から、赤チンやヨウドチンキは癌のもとになる成分があるからと
使わなくなりましたねぇ。

重層のお掃除は大はやりです。
小田温泉では洗たくにドイツの洗剤、バイスを使っていますが無害なことと格別の洗浄力は
素晴らしいです。
泡も立ちませんのですすぎも簡単。
マイナスイオン化してますので手もすべすべ。

癌も洗ってしまいなさい、ということですね。
それと捏造の情報にまみれた脳も洗ったほうがよいと教えられてるようです。

こういう扉の前に立たせられることに感謝しています。












----------------------------------------------------------
はたご小田温泉は島根県出雲市にある一軒宿です。
出雲大社と石見銀山への観光に大変便利な立地です。
公式ホームページはこちら>>http://www.odaonsen.jp
02:02  |  つれづれ
 | HOME |  NEXT