2011年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011.10.31 (Mon)

孫のお手前

忙しかったり、体調を崩したり。
思うこと、伝えたいことがありすぎて・・かえって筆が止まっている。

新聞やテレビをめったに見なくなった。
一方向への誘導が多いな・・と気になったからで、

誰の顔を見ているのか知らないが、
日米間でTPP締結なんてことになったらマスコミも無事なはずがないとおもう。

一番狙われているのは、医療、保険はもとより、この国の土地と水だろう。
エネルギーと水と食料が支配されたら自由はない。

中野剛志さんが舌鋒鋭く、推進派の連中を論破している。
亀井さん、田中さん達代議士は今こそ国民の代表として頑張ってもらいたい。

心が重くなっているときに孫が「おばあちゃん、ちょっと来て下さい。」という。

店の茶の間で、お茶をたててくれるという。

保育園のキリン組〈5歳児クラス〉になったので、この春から三斎流のお茶を
習いはじめたのだ。

丸盆に抹茶碗、茶筅、ポットなどを用意してなんだかそれらしく見える。
抹茶の箱から小さなスプーンでお茶を取り出そうとするので、

茶杓と本物の棗をプレゼントした。
会津塗。朱塗りに秋草模様、10月生まれの孫に丁度よい。

目をキラキラさせて、真剣にお茶の用意をする。

「お菓子をおあがり下さい。」
「お茶をどうぞ。」

茶碗が下がった後、茶筅を洗いながら茶碗もきれいにするしぐさなど
なかなかどうして、堂に行ったものである。

こんな小さな子供たちに、かくも一所懸命に習わせる先生は
いったいどんな方かと感心してしまう。

ふと、10年先、小田温泉創業100年祭に振り袖姿で
お手前を披露する孫の姿が浮かんだ。

なんだか、見えぬ世界の小田の両親も、里の両親のすがたも想像できて
とても心が和んだ。

この国の穏やかさや安全が踏みにじられることがないよう、
誰もが気を配ったほうが良い。

なにもしないで、何も言わずにいい方向に変わることはない。






テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

02:54  |  つれづれ
 | HOME |  NEXT