2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.01.01 (Sat)

新年がより良い年になりますように。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

ゆく年くる年の鐘の音を聞きながら、新年になる前にご挨拶を、と
パソコンに向かったのだが根気がなく炬燵にもぐってしまった。

九州、山陰、東北、日本海側は、大寒波に見舞われて雪の正月になった。
ここは冷えてはいても積もるほどではないので道中のお客様が心配。

雪のためのキャンセルは出ていないということだったが、いかんせん
山陰道は積雪のため通行止めになってしまった。

関西からの5人のご家族が米子でリタイア。
急きょ御親戚の家へ行かれることになった。

一番遅い方は10時半ごろ、お着きになった、ということだ。
小田温泉でお正月を迎えたいと思ってくさることに深く感謝いたします。

なぜこんな書き方かというと、

それでなくても慌ただしい時に、三日間38度を超える熱で寝込んでしまったのだ。

寝込む前に山積みの仕事を半分くらいは片づけてあったのと
年末経費の用意をしておいてほんとによかった。

夜明けの4時前、今は37度3分に下がっている。

元旦の朝は着物姿でおとそを差し上げるのが習わしだが
出来るかどうか。

若女将はてんてこ舞いをしている。
この頃は何があるのかわからない状態に慣れているので
少々のことでは驚かない。

やれやれ、と思っているに違いないが、
私の最大の仕事は支払のお金を用意することだと言ってあるので
そう思っているらしい。

逞しくなったものだと感心している。

孫が「おばあちゃん、お見舞いだよ。」といって
リンゴを細かく切って持ってきてくれた。子供用の包丁で
自分で切ったという。

おじいちゃんを誘ってキララのパン屋さんへ行って
私の好きなパンを買ってきてくれたり

「おこたで寝てるとお熱が下がらないって、お母ちゃんが言ってたよ」
というのだが寝ていても、孫の番くらいは出来る。

4才で言葉が十分通じるので、言伝ができて助かる。

しばらく遊ぶと「おばあちゃんの代わりにお手伝いをしてくるからね」
といって店に行くが、なにをしているやら。

病気をしても、年が越せる。
家族のいたわりがあり、孫の可愛い姿がある。

山や川の美しい風景があり、それぞれの仕事にいそしむ人がいる。
知らないうちに大きな大根が置かれていたり、

遠くから帰った子供さんの御土産を持って来てくださったりする。

小沢さんの言われる普通の日本人の暮らしを失わぬように・・というのは
こういうことなのだろう。

カンさんは年末に大手新聞社の、ネット上でますごみ3人衆とよばれる
偏向報道著しい、編集者と会食をしているので
元日の新聞はまた、うんざりさせられることだろう。

日本人にとって元日は清新の気ただよう、最も美しい日なのだ。
熱があってもトイレは磨いておかねば・・と考えるくらいに、だ。

何はともあれ、数霊4の今年はみんなの努力で
光と希望の年にすることもできるのだ。




----------------------------------------------------------
はたご小田温泉は島根県出雲市にある一軒宿です。
出雲大社と石見銀山への観光に大変便利な立地です。
公式ホームページはこちら>>http://www.odaonsen.jp
05:10  |  つれづれ
 | HOME |