2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.01.03 (Mon)

大荒れの意味

元日の新年会。
お客様は親しい方の町内会だったのでちょっと無理をして御挨拶に。

「大社に初詣をして帰りに初日の出を撮ったよ。」と
素晴らしい写真を見せて下さった。

「ええっ、こんな状況で初日が見れたんですか。」
「そうなのよ、とてもラッキーだったわ。」と奥様。

そうか、大荒れの出雲で初日の出か。

天上も、地上も海も、ありとあらゆるけがれを祓って清らかな日の出を演出して下さるなんて
神々はいきな計らいをなさることだ。

日本海側が特にとくれば古代の開かれた国を思い起こせということだ。

夜は疲れてしまって休み、
二日の今朝はご遠方からようこそとお泊まりの方達に御挨拶。

私の顔を見るなり、「女将さんはたご通信いつも読んでます。とても参考になります。」
とおっしゃる。
誠に有り難く恐縮する。

昼席には近くに住む義妹の家族が新客を伴ってきてくれた。
孫はかわいい着物に着替えて一緒にご飯を食べるという。

友人の家族も来て下さる。
東京のお嬢さんが2時間遅れで空港についたと。


「年末にも来たんだけど、具合が悪かったんだって?」
「そうなの、今でもけっこう熱があるのよ。体内浄化かなぁ。」

「あら、熱が出るのは戦う体力がある証拠って言うじゃない、いいことかも。」と、奥様。

「女将さん、ずっと闘ってるよね。」と友人が笑う。
はたご通信の中身のことだ。

今年も戦いが続きそうですので体力を温存することにします。
4時頃には自宅に戻って休んだ。

今日の最も嬉しいことに箱根駅伝。
三年続いて東洋大学の往路優勝。
出雲駅伝の時、柏原選手の不調を聞いていたので心配していた。

解説の人たちもなんとなく慎重で、いま一つ歯切れが悪い。
それほど不調が長かったということなんだろう。

見事に克服してこの苦しい5区で逆転。
勝てるのが当たり前ではないのだ。

彼の後ろに故郷の人々、仲間や全国で応援する人達の祈りを感じた。

誠に良い一年の幕開けだ。



----------------------------------------------------------
はたご小田温泉は島根県出雲市にある一軒宿です。
出雲大社と石見銀山への観光に大変便利な立地です。
公式ホームページはこちら>>http://www.odaonsen.jp
01:41  |  つれづれ
 | HOME |