2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011.03.12 (Sat)

大災害

言葉に尽くしがたい大変なことが起きている。

地震、津波、火事、災害のあらゆる形が
まるで映画の画面のようにテレビに映し出されている。

その場所に親戚がある。友人がいる。
実家とも連絡が取れないでいたら

子供たちがメールで従兄たちとつながって無事を確かめた。

大都会の真ん中で、午後の早い時間だったためにみんながばらばらの場所にいる。
交通網がとまって仕事先から家に帰ることができない。

たった一人で家にいるひとは、停電で明かりもなくオートロックで冷蔵庫もあかない、
どんどん寒くなるのに、暖房もできない。

老人は、病人は、なすすべもない。

何も情報が入らない中で、不安に押しつぶされそうでいる事だろう。

茨城の友人と10時頃に携帯がつながった。
「もう、恐ろしい状況よ、あなたの声を聞いただけですごく安心した。」という。

水も食べ物もあるけど、電動の雨戸が閉まらないのでものすごく寒いという。
無事を祈るしかない。

12日の早朝4時にテレビをつけた。
新潟で、長野で、茨城で、ひっきりなしに起きる地震の情報を伝え

「緊急警報です、近い時間内に地震がおきる可能性があります。
落ち着いて行動してください。」

死者、行方不明が1000人を超えたといっている。

日本列島が、何者かのてによって揺さぶられている。






テーマ : 雑記 - ジャンル : 日記

06:15  |  つれづれ
 | HOME |