2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.03.15 (Tue)

何ということだ!

この慌てふためいた記者会見を見て、
首都圏で電車を止めている意味が分かった。

しかもガソリンも買えない。

みんなが逃げ出してパニックにならぬよう
封じ込めか。

あまり良くない状況。
何を寝ぼけたことを言ってるんだ。

最悪の状況だというべきだ。

私は昼間の内に、「みんなで出雲に来ほしい。」といったら
「そんな、無理よ、ガソリンがないんだから」

すでにアメリカ大使館も、フランス大使館も関東を離れ
同国人たちに「特別の理由がない限り、関東外へでることをすすめる。」と言ったそうだ。

これはすでに、人命にかかわる大変な事態なのだ。

テレビ画面では、相変わらず眠くなるような説明を続けている。
本当に、水でもぶっかけたいところだ。

慌ただしい記者会見はあっというまにかたずけられた。

原子炉付近では、すでに計測不能な多量の放射性物質が
吐き出されているということだ。

そしてこれは止まらないということだ。

私たちは重い事実を知って、冷静に対処しなければならない。

メディアは正しいことを伝えない。
いかにうまく隠しているか。

友人の娘さん夫婦が仙台にいる。
姪の夫の家は銚子で被害を受けた。

兄嫁の、義妹の実家も茨城の被災地で
とても他人ごとではない。

被災地はまた雪になるという。

昨夜は、若い人たちが毛布やタオル、子供のおむつ、水や食べ物、カイロなど、

今あれば助かるだろう品々を仲間から集めて日赤へ持っていくと用意していた。

出来ることからすればいい。
祈りは必ず形になる。力になる。

つくづく涙のある、逞しい政治家を選び出したいと思う。





テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

01:26  |  お知らせ
 | HOME |