2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2011.03.17 (Thu)

沈黙の艦隊

かわぐちかいじ氏 の名作である。

今こそ、この艦隊に登場してもらいたいと思うのは
私だけではあるまい。

本当に、この度の大震災に対する政府や東電、マスコミの動きに
なんかおかしい、と思っている人は多いのではないか。

この近代国家で物資が届かない。4日も5日もたつのに。

テレビでは、毎日のように、食べ物がない、水がない、毛布が欲しい。
停電で寒さに震える様子を伝えているにも関わらず・・である。

ヘリから落としてでもいい、と切実である。

おかしい。10万人動員した自衛隊はどこにいて、何を食べているの。
ガソリンがないというのも納得がいかない。

せっかく港に船がついても受け取る人がいない、そんなバカな!

そして、地震が多すぎる。

なんだか天上に悪魔がいて、あっちをつついたり、こっちをつついたり、
日本列島を小突きまわしているようだ。

もちろん、日本の神々も黙っているわけではないから、
杖の先を跳ねとばしたり、勢いを弱めたり
必死で応戦してくださっている。

この非道な悪魔に打ち勝つ方法があるとすれば、
日本人の潜在意識の中に棲む、

ある能力が、開かれることである。

この美しき国土を、揺らし、打ち砕き、大波をかぶせ
優しき人々の暮らしを一瞬にして無にしてしまった、

この多大な犠牲を以って、開かれる能力とは・・

原爆を落とされ、地獄の淵をさ迷いながらも、
敵を恨んで復讐の心に生きるのでなく、

二度と同じ思いを他の人に味わわせたくない、という
生き方に進ませたのは、いかなる思いゆえか。

極限の苦しみは、もしかしたら
人間の魂に、深い愛を呼び覚ますのかもしれない。

国中に及ぶ大災害は、失いかけていた、
美しい国民性を、

こころの奥深くに眠っていた、負けながら勝つというDNAを
よみがえらすかも知れない。

苦しい人が、その苦しみを共有しながら
手をつないで、助けあう。

目の前で愛しいものを失うのがどれほど悲痛なことか、
それでも、毅然として、他を助けることによって生きておられる。

被災地の人々の、その姿に、手を合わせる思いで、
何かの役に立ちたいと、誰もが思っている。

心から祈っている。そして行動し始めた。

この姿がいま、日本中に再生しつつある

沈黙の艦隊である。

その思いをなおも砕こうとしている勢力がある。

しかし遠からずその野望は必ず、打ち砕かれる。

「沈黙の艦隊」は消えることのない、祈りなのだから。

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

01:46  |  つれづれ
 | HOME |