2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2011.05.26 (Thu)

故郷で走る

マラソンのことではなく、選挙の応援です。
21日から2泊3日で兄の選挙の手伝いに行ってきました。

姉たちも想像以上の強硬スケジュールで、とにかく忙しい。
初日は兄とも話ができないくらい。

それでも事務所の人は慣れたもので、私の名刺がすぐに出来上がってきた。

友人が紹介して下さった会社に御挨拶に伺ったり、恩師を訪ねたり。
母校の近くは現市長の地盤だけど、親しい人たちもいるので

御無沙汰をお詫びしつつ、リーフレットを持ってまわった。
ご本人がおられたり、若い世代になっていたり、

懐かしい故郷だ。何十年もたっているはずなのに、
なんだか、ついこの間まで歩きまわっていたような錯覚を覚えた。

市長立候補を表明してから一か月、よくここまでやってきたなと思う。

三日目は三和地区という豊かな農家が多い所を
地域に詳しいスタッフの方に連れられて御挨拶まわり。

どこのお宅も立派な門構えでびっくりしてしまう。

震災後の原発の騒動で、この農家の方達も否応なしに
影響を受けていくことだろう。

それが少なくて済むことを祈るばかりだ。

兄の役割は「火中の栗を拾う」ことだ。
誰にでもできるということではなく、勇気と、度胸、不屈の精神がいる。

そして多くの仲間や、市民の応援と協力がなければできない。

何事にも無関心な人たちがどれくらい振り向いてくれるか。
実際に投票してくれるか。

今回は市議選も同日なので、ちょっと紛らわしい。
市長選挙があることすら知らない人もいると聞いておどろく。

帰ってきたら同級生が次々電話をくれて
もうすでに応援してくれていることを知らせてくれた。

心から感謝しています。

一緒に歩いて下さった、Sさん、本当にありがとうございました。




テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

00:56  |  つれづれ
 | HOME |