2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2012.02.01 (Wed)

スサノオ~愛の神~によせて

     
出雲の国では時として不思議なことが起こります。特にこのたびのスサノオの歌誕生については
ええっ!と思うことの連続でした。
2011年12月12日夜〈数霊 1、始まりの日〉 出雲の〇〈丸、円、縁、〉カフェさんでHANZOコンサートが
有りました。おなじみの顔が多かったせいか、のりのりで過ごしたHANZOさん、終りの頃、いきなり

「みなさん、ぼくはこのところ頭の中からスサノオという言葉が離れません。来年は必ずスサノオを歌います。」
みんながオオっ言うと、間をおかず「歌詞は小田温泉の女将さんが創ります。」といったのです。

私は思わずイスから落ちそうになりました。でも驚いたのは次の瞬間、私の頭の中に次々と歌のフレーズが
浮かんできたことです。続くパーティを早めに失礼して帰ったその夜、紙面に向かうと言葉があふれ出てきて

なんと、一両日の内に完成してしまいました。「これってカッコいい歌だこと・・」と思いました。

そして更なる驚きはHANZOさんにも同じことが起きたことです。

私の送った歌詞を見て「イメージが湧きそうです。」といった翌日には曲が出来上がった。
とても疲れていて、ピアノに向かったものの身体が動いてくれるかな・・という状況の中、そのまま
出来てしまったのだ、と報告してくれました。

そして送られてきた曲を聞いて感動のあまり、パソコンの前で大拍手をしてしまいました。
「HANZOさん、天才だね!」といって。
数日して送られてきたCDを早速、大勢の人に聞いてもらいました。皆さん例外なく
「いいねえ、」「ぞくぞくするねえ」と感激して下さいました。実際、泣きだす人もいました。

古代より想像を絶する天変地異、戦争や病苦、あらゆる困難をくぐりぬけ生き抜いてきた「種」
そのDNAを持った私達。この活力は一体どこから来るのでしょうか。
神々はいつもともにいて下さるのだと、この歌は教えてくれています。

神々の住まう優しい国、しまね。何もかも受け止めて御縁を結ぶしまね。
スサノオノミコトはきっと逞しく、魅力的なシャーマンの要素を持った大指導者だったに違いないと
想像しています。

7月21日から島根県の大観光プロジェクト、「神話博しまね」が始まります。この中で
HANZOさんの「スサノオ~愛の神~」が応援歌として採用決定されました。
多くの方々のご尽力に心よりお礼を申し上げます。

そしてスサノオの歌の完成を記念して以下の通り、コンサート開催いたします。

5月20日〈日〉 15時30分より 出雲市民会館1000人コンサート
6月10日〈日〉 18時より 島根県民会館600人コンサート の成功に向けて皆様の熱いご支援を、
どうぞ宜しくお願い申しあげます。

              
           はたご小田温泉女将  
              
          HANZO応援ネットワーク多伎支部  石飛裕子               

テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

10:50  |  つれづれ
 | HOME |