2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2012.04.07 (Sat)

天網恢々

天網恢々疎にして漏らさず
〈てんもうかいかい そにしてもらさず〉

子供の頃、よく父が言っていた言葉で、たいして気に留めることはなかったが、
このところ、とみに心に響く。

お天道様が見てなさる・・ということと同じだろう。
天の網目はゆったりと広がって粗いようだけど、どんな悪事も見逃さない。

小さな政党だけど民主党と連立して
国民のためにはずいぶん大きな役割を務めてきた国民新党が
とても残念なことになった。

日本の支配者にとって「ダメなものはダメだ」と言い続ける
亀井氏は本当にうっとうしく目障りだったに違いない。

過去2回の選挙でも何人も仲間を減らされ、行動の真実も
無視される。

郵政のお金が本当のところどうなっているかわからないけど
表向き、外国に荒らされずにあるのはこの党のおかげであると
知っている人はどれだけいるか。

「党の支持が0%になっても、私は言い続ける!」と言っておられたけど
世論調査という名の世論操作によって貶められていることを知りながら

頑張って国守りをしてきたと思っていた。

重要な方達が議員でなくなるとここまで人心が乱れるのかと
驚くばかりだ。もともとトロイの木馬で入ってきた人もいるのだろう。

人情家の代表を打ち砕くには最高のやり方に違いない。

が、である。  天網恢々疎にして漏らさず。

国民新党の政権離脱をどう思うか、という質問にたいして
みんなの政治ネット調査では、なんと88パーセントが亀井氏を支持した。

早々と打ち切りになったが続けていたらもっと増えただろう。

歯をくいしばって、自らつくった政党を捨てる。
全く変質してしまったものに拘泥する必要はないのだ。

こういう事態になったことで国民新党は
一応の役割を終えたのかもしれない。

今の執行部による、民主党政治に対して、でっかい爆弾をおいて。
どんな策を弄しても「国民は見ているのだ」という。

今年は2012年、数霊は5。自然、循環、プライドを表す。
今までの生き方の結果が見える時でもある。

自分の身近にいてほしいのはどういう人だろう。
嘘をつかない、いじめをしない、人の立場がわかる。

困っている人を助けられる。自分だけ良ければ・・じゃない。
責任感がある。

誰でも普通にこう思う。子供たちにもそう教えてきているはずが
なぜかくもあやふやになってきてしまったのか。

天の網はどう働くのだろう。

本当は天の網の持ち主は私たちなのだが。


テーマ : 伝えたいこと - ジャンル : 日記

06:25  |  つれづれ
 | HOME |