2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012.08.09 (Thu)

心身機能活性運動療法

6月10日、HANZOさんの松江コンサートの折、
まさ子さんが小川先生を一緒につれて来てくださった。

私が熱心にHANZOさんを応援しているので
一度は聞いてみようか・・というのと、

自分が出会って感激している、心身機能活性運動療法を
私に紹介したい、というのを兼ねてのことだった。

これはたまたま小川先生が出雲に用事があったからでもある。

小川先生は大変明るく、人なつっこいというか、人との間に
壁をつくらないまれな人でもある。

話題も豊富で、とにかく面白い。

人の縁とはまことに「異なもの、味なもの」で、お帰りになる時まで
この療法が既に出雲に定着して10年もたっていることなど
知る由もなかった。

心身機能活性運動療法をとりいれた介護施設「かえで」を
訪ねてその成果に驚いた。

それと同じ運動をお年寄りと一緒にしてみて
自分の体力のなさに唖然とした。

なんとかしなくちゃ・・という思いで
さっそく8月6・7日の二日間、講習会をお願いしたのだ。

心身機能活性運動療法
漢字がずらりと並んで、いかにも大変な療法のようだが、

理論を学べはとてもわかりやすく、脳の活性化には
抜群の成果をもたらすことができる。

様々のストレスを抱えて、ひどい頭痛がある、肩コリが治らない、
胸がつかえて元気が出ない。

お医者さんも、看護師さんも悩んでいる。

働く人も疲れている。まして家に病人がいれば
家族みんなが病んでしまう。

先生の開発したプログラムに忠実に
順序どおりに行えば確実に回復してくる。

一対一で指導、施術するので安心感と信頼感が生まれる。

何より凄いと思ったのは、施術者にも同じ効果が出てくる、ということだ。
こんなことは聞いたことがない。

マッサージをする人が何人もすればするほど元気になる、なんて
ない、と思う。

温熱、リズミカルな刺激、数を数える、
言葉を交わす、歌を歌う、どれもがとても楽しい。

8月の講習会はお知らせの期日もなかったので、
受けてくれたのは親しい友人が主だった。

みんなで話しをしながら、質問や体験談も自然に出て
笑ったり泣いたり、ほんとに充実の2日間だった。

誰もが驚き、感激した。そして多くの人に知らせたいと思った。

自分が資格を取り研修を積めばすぐ人の役に立ち
収入源にもなる。

私は小田温泉でこの療法を活用するコースを新設しようと思う。
お客様に喜んでいただきながら体力の回復をはかり、

施術しながら、自らも元気になる。

自然環境、木造の建物、身体に良い食事、親切なサービス。
いままで心がけてきたことがみんな生かされる。

さあ、どんな名前で出発しようか。

今回の受講者が次々に他の人に知らせてくれたので
次はいつあるのかと言われる。

私も若夫婦に参加してもらいたいので先生に相談して
9月25日、26日に2回目をお願いした。

興味のある方はお問い合わせください。



テーマ : みんなに知ってもらいたい - ジャンル : 日記

17:56  |  つれづれ
 | HOME |