2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013.03.01 (Fri)

職業人に聞く

今日は出雲三中、1年生向け「職業人に聞く」
という研修授業の講師を務めてきました。

昨年もお受けしたので今年も・・ということで。
昨年の50分も時間が少ないなと思ったのに
今年は、なお短縮して30分を2回。
なんですと!と思ったけど、ま、話してみましょう。

コンビニ店長、ケーキ屋さん、新聞記者さん、消防士さん
漁師さん、保育士さん、介護施設、スポーツジム、
建設業、女将さん、と、とても多彩な人選でした。

13歳を相手に何を知らせたいか。
今年は14歳になるとすると、あと4~5年で仕事に就く。
どんな仕事に就くにしても、今から心掛けたいことがある。

それはコミュニケーション。

人の話をよく聞き、自分の意見を言う。
人や仕事に出会った時、なるべくいいところを探す。
自分の思っていることを表現するのに
メールだけでは半分であり、
表情や声の調子が必要であること。

感心したら、うなづく、おかしかったら笑う、
感動したら拍手をする、という生き生きした表現が
人と人をつなぐきっかけになることを話す。

サービス業は人に喜んでもらいながら
お金を払っていただく仕事なので、
いつでも何が喜ばれるかと考えている。
おかげで人間が柔軟になる。

旅館の仕事はお迎え、御挨拶、お部屋やお風呂へのご案内、
お料理のおもてなし、布団を用意してお休み頂く、
朝食の用意、お見送り、すべての片づけ・・また準備。
その中には毎日の生活のすべてがあり
その工夫はとても面白い。

サービス業は
人の気持ちを察しながら取り組むので
あらゆる職業に応用できること、
アルバイトしてもとても役に立つので
ぜひ体験して下さいと伝える。

最も進んだ社会というのは
みんなが思いやりを持って協力し合い、
仕事も物も分け合って、仲良く暮らせる社会です。
会話、表現上手になりましょう。

というくらいの内容でした。

今回は笑顔も拍手もいっぱいでした。

18:17  |  つれづれ
 | HOME |