2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013.04.17 (Wed)

生きがいの実践

たった一人の努力が
社会を変えてゆく・・
思いつけば、だれにでも出来そうだが
そうはいかない。
明るい気持ちで・・というところに、素晴らしさがある。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

チャコちゃん先生の日記より

早起き
2013年04月15日 08時30分47秒 | 日記
友人のT子さんが
「自分のために早起きをするのではなく、早起きしたことで社会に役立つことは無いか」
と考えた末
24時間営業をしている外食産業の店のアルバイトをすることにしたという
そしてさっそく土日をその時間に充てた

内容を聞いて驚いた「掃除」
時間給が600円 4時に起きて5時から2時間
T子さんは別に生活に困っているわけでは無い
家族との間もすこぶる円満
この幸せを感謝をするために考えたという

その店はとにかく汚かった特にトイレ
掃除用具もなく「これとあれを揃えてほしい」
というと「予算外」といって切り捨てられる

そこは主婦T子さんは工夫を凝らし紙と布そして水でまずトイレをぴかぴかに
初日は2時間がトイレ掃除だけで終わったという
店の人たちは掃除よりサービスという考え方で
いつまでもトイレ掃除をしているT子さんに冷たい視線

2日目はテーブルと椅子の裏側
もう真っ黒に汚れがこびりついていた
テーブルは拭いてもその裏をふく店員皆無

食べ物を扱っているところで良くココまでーーという疑問を持つまもなく
ひたすら人目に見えないところを磨き上げていく
そして2ヶ月突然本社から査定が入った
日曜日T子さんが磨き上げた後の時間だったので
なんと全国でその店はAランクに引き上げられた

其れから店長の号令一下トイレ掃除を始め目に付かないところの掃除を率先してやるようになった
店は見違えるほど美しくなり
まず定員の笑顔がはじけるばかり
客も「おはよう」と自ら店員に声を掛け
当然売り上げも伸びた

T子さんは
「まだまだーーもっと綺麗にしなければ」
と早朝アルバイトを続けている


16:18  |  つれづれ
 | HOME |