2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2013.08.06 (Tue)

戦争の足音

8月6日 改めて心を澄ませて考えてみたい。
決して戦争へ進ませてはならない。
一部の者の金儲けのために戦争をつくらせてはならない。

日本はどこまで蹂躙されれば真実に気がつくのか。
戦後といいながら、戦争というものを検証してこなかった国、
国民に現在、また多くの目くらましが
投げかけられている。

自ら知りたいと思えば、知ることは出来る。
原爆、原発から目をそらせてはいけない。

戦争を美化してはならない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月6日(植草一秀の『知られざる真実』)より
===================

68年前の今日、1945年8月6日午前8時15分、米国は広島に原子爆弾リトルボーイを投下した。
実戦で使われた世界最初の核兵器である。

推定人口35万人の広島市民のうち、1年の間に14万人が死亡したと推定されている。

極東国際軍事裁判で判事を務めたインドの法学者であるラダ・ビノード・パール氏は
講演で次のような発言を示している。

「広島、長崎に原爆が投ぜられたとき、どのようないいわけがされたか、
何のために投ぜられなければならなかったか」

「いったいあの場合、アメリカは原子爆弾を投ずべき何の理由があっただろうか。
日本はすでに降伏すべき用意ができておった」

「これを投下したところの国(アメリカ)から、真実味のある、心からの懺悔の言葉を
いまだに聞いたことがない」

(連合国側の「幾千人かの白人の軍隊を犠牲にしないため」という言い分に対して)
「その代償として、罪のないところの老人や、子供や、婦人を、あるいは一般の平和的生活を
いとなむ市民を、幾万人、幾十万人、殺してもいいというのだろうか」

「われわれはこうした手合と、ふたたび人道や平和について語り合いたくはない」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世界中で、戦争を起こして武器で儲けている最も野蛮な国に
日本が組み入れられようとしている。


11:38  |  つれづれ
 | HOME |