2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.01.22 (Wed)

とろろご飯

風の冷たい日は
あったか~い晩ご飯にしましょう。

孫のクラスがインフルエンザの為に
臨時休校。お稽古も行っちゃダメだそうで・・・

ノロウイルスだのインフルエンザだの
次から次へ流行ることです。

身体を丈夫にするしかないので
元気の出る食べ物を取りましょう。

今日はヤマトイモのとろろごはん。

まずは、とろろを溶く出しを熱くしておきます。
里の父がこれの名人でした。

忘れ得ぬ味、を一つ言えと言われれば
亡き父の、山芋のとろろ飯です。

山芋はなかなか手に入りませんので
ヤマトイモを使います。

粘りの強いヤマトイモをきれいに洗って
皮ごとすり鉢でごりごりとすり下ろし

すりこぎ棒で手早く回しながら
片手で熱いだしを注ぎながら溶いていきます。

だしの味は「おいしいだし」と果糖少々、醤油少々。
孫が「おばあちゃん、いいにおい!」と寄ってきます。

明日は定休日なので板長がカニをサービスしてくれました。
御刺身や鯛の清し汁もあります。

身も心もあったまる晩御飯でした。

孫娘は大きくなったら、おばあちゃんと一緒に
とろろご飯のお店をやるんだと言っています。

「みなさ~ん、ならんでくださ~い」と言いながら
とろろを掛けてあげるんだそうです。

自分が好きだから、人が並ぶほど繁盛すると信じています。
きっと可愛い女将さんになることでしょう。〈笑い〉



21:10  |  つれづれ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。