2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2014.02.11 (Tue)

義母の33回忌

義母の33回忌をすませて
ほっと一息。
川向いの法蔵寺の和尚様も眉毛まで白くなられて
「最近は足腰が弱くなりましてな・・」と、おっしゃる。

33年前のことを皆がそれぞれに思い出して
さまざまなことを語り合いました。

若夫婦も程よく話にまじりながら
板長の料理を味わいました。

地域のこと、親戚つきあい、現在と過去とは
織りなす布の如く繋がっていて、
どう生きるかはとても大事なことです。

打ち寄せる怒涛にもまれるような
忘れられない人生の発展途上期。

あの凄い時期を受け入れ
小田温泉という船を漕ぎつつ
櫂をを離さなかったので、いまの充実が与えられている。

義父は、小田温泉とうちのことは
自分の知る限りのことを私に話しておきたいと
本当にそうしてくれた。

心優しい義妹が近くにいてくれたおかげで
有難く、助けあえた。

御先祖様、今日のお料理はいかがでしたか。

いい一日に感謝しています。

10:14  |  つれづれ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。