2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2014.06.30 (Mon)

夏越の祓え

一年の上半期が過ぎ
日本各地の出雲系の神社では
夏越〈なごし〉の祓えが行われていると思います。

北島さんへ万年くんを頂きにいきましたら
茅の輪のお守りがありました。〈6月のみ〉

半年の内に否応なしに身についてしまう
罪、けがれを祓い今後を無事に過ごせるように祈ります。

貧しくとも他人を思いやる優しい気持ちを持っていれば
神様が見守って下さるという
蘇民将来の伝説からきているのですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

夏越の祓え

厄落としの方法として「茅の輪くぐり」が行われます。
茅の輪とは、チガヤという草で編んだ輪のことです。
神社の境内に作られた大きな茅の輪の中を
「水無月の夏越の祓する人は、千歳(ちとせ)の命延(の)ぶというなり」と
唱えながら8の字を書くように3度くぐり抜けます。
茅の輪をくぐることで、病気や災いを免れることができるとされています。

「茅の輪くぐり」については日本神話に基づいているといわれています。
昔、ある兄弟のところに、一人の旅人が現れて一夜の宿を乞いました。
裕福な兄は旅人を冷たく断り、貧しいながらも弟の蘇民将来(そみんしょうらい)は
温かく旅人をもてなしました。
数年後、旅人が恩返しにと再び蘇民を訪れますが、実はこの旅人はスサノオノミコトで
、その教えに従って茅の輪を腰に付けたところ、疫病から逃れられ、
子々孫々まで繁栄したということです。

この故事に基づき、家の玄関に「蘇民将来札」という札を貼り、
厄除けにするという風習も残っています。

10:57  |  つれづれ
 | HOME |