2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.04.04 (Sat)

小田温泉音頭

ハア~ 春は桜の小田川堤
咲いたさかりも 散るも良い
甘く流れてささやく風に
かわす盃 花が浮く ヨイショコ~ラ花が浮く
小田の温泉花ざかり ソレトトント トトント 花ざかり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京五輪温度の節でうたう小田温泉音頭です。
50年以上前の歌ですね。

桜のころになるとテープに吹き込んであるのを流しながら
トラックに花の枝を結び付けて出雲の街を
流して走ったそうです。

歌詞は3番まであってとてもムードがあって
しゃれています。
義父の先生でもあり歌人でもあった
柳楽錦一朗氏の作詞になります。

吹き込みは歌い手がそろっていたらしく
みんな楽しかったことでしょう。

一つの店の繁盛はみんなで盛り上げて
周りを豊かにする形が一番いいですね。

小田温泉の歴史にもほんとに山坂があって
お客さまをはじめ一所懸命手伝ってくれた身内や
仲間たちの応援なくして今はないのだと
こころから感謝しています。

2日間たいへんな雨風に見舞われましたのに
花は無事でした。

枝も引きちぎられるほどだったのに
たくましい花たちにお礼を言いたい心境です。

悪天候にもかかわらず
満員御礼のお客様。
今日も皆さんクルマを降りるや
「うわぁ~いいなあ!今日にして正解だったね」と口々に
喜んで下さっています。

前庭の八重桜も咲き始めました。
いつの間にか大イチョウもすっかり緑になっています。

何よりうれしいのは山椒の葉の伸びようです。
今夜はさっそく木の芽味噌田楽を作りましょう。


18:26  |  つれづれ
 | HOME |