2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2015.05.15 (Fri)

古代博物館にて

県立古代博物館のとてもいい企画展
知られざる出雲の面影・・”入り海の記憶”を見に行きました。

小川先生を出雲空港に
お送りするのに珍しく時間にゆとりがあったからです。
常設展も企画展示もじっくり見ました。
もちろん荒神谷の358本の銅剣も加茂の遺跡も。

企画展のほうに昭和5年に描かれた
島根県観光鳥瞰図がありました。

「こんな時代にすごい絵を描いたもんですねえ」
「小田温泉はどのあたりなの」
と、見ていくと・・なんと、この絵の中に
鉄道の駅名と並んで「小田温泉」がありました。

す、すごい!

小田温泉は固有名詞でほかに乗っているのは
湯の川温泉と玉造温泉のみ。
これらは神代からある名高い温泉です。
松江温泉も出ていません。

もう一度「先生、すごいことです」と言ってしまいました。

帰って夫に話すと
「大正時代の末に鳥取大学に成分分析を依頼して
県に申請してたから、新しい温泉として
注目されてたんだろう」ということでした。

そして認定から90数年、小田温泉の主たる薬用成分
メタケイ酸は肌を潤し細胞を活性させる成分として
おおいに注目されています。

なんだかすごくうれしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
温泉の基準にもなっている成分
「メタケイ酸」は、その優れた特徴として

『天然の保湿成分』
『毛髪や爪を強く』
『コラーゲンの生成』
『皮膚の老化の抑制』
『肌の新陳代謝を促進』
『細胞修復に役立つ抗酸化作用』

が、あるとされています。


21:30  |  つれづれ
 | HOME |