2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.08.05 (Wed)

孫たちの夏

8月5日
気温は32度ですが、木陰はかなり涼しい。
ここのところ、毎朝5時半起きです。
(だいぶ寝不足です)

京都の孫がやってきて日々面白い展開があります。

今日は山口県宇部市キララ浜で開催されている
国際スカウトジャンボリーに1泊の予定で
若主人が二人を連れて出発しました。
暑い中、休みを使って有難いことです。

これはボーイスカウトの世界的な大行事で
日本で開催されるのは数十年ぶり、
世界各国から3万人以上が集結して
大変な賑わいだそうです。

若主人の叔父さんが大会役員をしておられるので
招待チケットが手に入ったからです。

「凄い人ごみだそうだから目立つ帽子にしない?」
ナイキの白とピンクのがあるけど」
「いつもの自分たちのにする!」

「お小遣い上げようか?」
「自分たちで買い物はしないと思う」

「迷子になった時、説明できる?」
「もちろん!」
お父ちゃんの携帯電話も知ってるし
島根県出雲市のはたご小田温泉の孫、も言えます。
(念のため、私の名刺も持たせましたが)

この分なら、私がいなくなっても見つけてくれそうです。(笑い)
楽しい話題をいっぱい持って帰るでしょう。

一昨日は「夏休みだからゲームをやらせて」というので
買い物ついでにゆめタウンのゲームコーナーへ。

200円を渡して20分程度と約束する。
真っ先に飛んでいったのが太鼓ゲーム。
大汗かいてすっかり満足。

帰りの車の中の話題がすごい。
「あんなあ、モナリザの絵、しってる?」
「うん、この間大原美術館で見たばっかりだよ」
「作者のレオナルド・ダ・ヴィンチのことは?」
「名前は知ってる!」
「なんであの名前か知らないだろ」「知らない」
「あの辺りにはなあ、レオナルドという名前の人は
よおけおってん」

思わず私も「ほほう・・」と耳をそばだてる。

「で、ウィンチ村の、っていう意味で
「ダ・ヴィンチ、っていってんのさ」

目からうろこ、の一説でした。
そのあともモナリザの絵で初めて使われた
遠近法の技術について、
あるいは京都の歴史や世界遺産について
大人顔負けの話が続くんです。
やあ、まいった、まいった。

二人とも図書館で半日過ごすんですから、さもありなんです。
7~9才の頃の知識欲、吸収力は大変なものなんだと
自分のそのころを振り返ってあらためて実感しました。

祖父母の立場でこの子たちを見ているのは
ハラハラしながらも、ほんとに興味津々。

宅急便で実家の兄から、採れたて、完熟のブルーベリーが
どっさり届いて感激しました。
大粒で実に甘いのです。

こんな風に無事に日々が過ぎてゆく
おかげさまで、と思います。


16:34  |  つれづれ
 | HOME |