2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015.08.28 (Fri)

読書感想文

8月27日

朝の気温は20度。
涼しいというより、肌寒いくらいです。
台風で日本列島を覆い尽くしていた物騒な雰囲気も
一掃されたでしょうか。

今日は珍しく青い空が広がって
まだ明るい夕方の空にぽっかりとお月様。

いよいよ明日から新学期。
孫の宿題に付き合いました。

読書感想文、本の題は「ナイチンゲール」
ちょっと難しい内容です。

400字詰原稿用紙3枚が与えられています。
1枚と5行くらい書いたところでつかえて
悩みがいっぱいです。

「これってずいぶん簡単にに書いてしまってるけど
どうしてかしら?」
「だってこれに当てはめて書くんだもん」
と見せてくれたのが写真の指南ページです。

なるほど、この中へクイズの答えのように
言葉を入れるだけなら簡単。1ページで書けちゃいますが
感想文となるとさらに詳しい肉付けが要ります。

既に書いてある言葉について質問することにしました。

フローレンスはどんなところで「やさしい子」と
わかるのかしら、他の子と違うところがある?

なぜ看護婦さんになりたいと思ったのかしら?
戦争って目の前で人が死んだり大けがをしたりするのに
どうしてそこへ行ってまで、人を助けたかったの?

あなたがフローレンスだったらどうしたかしら。
クリミア戦争はフローレンスが何才の時に起きたの?

私の質問に驚くような的確な答えがきます。
「お金持ちの家の子なのに、お洒落な服やパーティよりも
動物を可愛がったり馬のお世話が好きな優しい子なの」

「うん、じゃそれを書きましょう」

「人を助けたい、というのは動物と一緒にいて
命の大切さを知っていたからよ」

一所懸命勉強したのはなぜかしら?

「病気のおばあさんに会ったとき自分がなにもできず
なんの役にも立たないのが悲しくて悔しかったから」

「おお、素晴らしい言い方!それを書きましょう」

「看護婦さんは優しいだけじゃできないって書いてあったけど
フローレンスはどんな看護婦さんだったんでしょう」

「明るくてきびしくて、たのもしくて勇気のあるすごい人なの」
という具合です。

つぎつぎにいい感想が出てきてしっかり3枚になりました。
文章の運び方を教えるだけで良かったのです。

日頃の読み聞かせと話し合っていることが
ずいぶん役に立ってることを実感しました。

わが子の時には、時間も、ゆとりもなく出来なかったことです。

こんな時間が持てたことを心から喜びました。


00:19  |  つれづれ
 | HOME |