2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2015.10.05 (Mon)

国際交流大会

10月4日
行ってきました。
第14回指導士国際交流大会。
過去最高の参加者と多方面にわたる広がりと実践、実効力。
この大きな感動をどうしたらお伝えできるでしょうか。

数々の体験発表のいずれもが、驚きと感激の連続なのですが
東京支部が受け持たれた脳性麻痺のお嬢さんの
笑顔の参加には思わず誰もが涙しました。

4歳まで歩けない、ちゃんと座れない
両手を使って這うことはできます。
考えうるあらゆる専門機関で診察、検査を受けても
中々診断もつかず、治療法もない。

決め手はないが・・と示される手術も
後遺症を思えば勇気が出ない。
ママの懸命のネット探索でついに心身活性療法にたどり着きました。

小川先生につながり、東京支部が施術に当たりました。
もちろんママも指導士資格を取り連携して
週に4回の施術で5か月目、今日は大勢の前で
手を引かれて歩いて見せてくれました。
自力で6歩まで改善しています。
ほんとにすごいことです。

京都のT君の首が座り、笑顔ができる、バックアップを使って
床に座れる、寝返りができる。
3歳の時の高熱で全身麻痺になり、今8才。
「あれからはじめてパパと呼んでくれた」と泣いたお父さん。

人生もこれで終わりか、と苦しんでおられた
パーキンソン症候群のFさん、Kさんもご夫妻で参加。
ご家族の支えと指導士たちの一所懸命の努力で
つぎつぎ希望を見出され喜びを語ってくださいました。

糖尿病末期、失明寸前の夫を
自ら指導士になり、なおしてしまった奥様、
溌溂と「本人です」とご挨拶されたご主人に会場大拍手
他にもいっぱい有ります。

北海道から沖縄まで日本中から、また上海、韓国、台湾から
総勢100名近く集まって実践の状況、これからの展望について
改めて学びなおしと意見交換をし仲間のきずなを
深めることができました。

大変な熱気と盛況ぶりに
広がっていく時期が来たんだなと胸が熱くなりました。

わが島根県からは私とMランドのチーム長が参加し
取り組み内容、今後の事業展開について
発表させて頂きました。

この療法に出会えた幸運に
心から感謝しています。


23:30  |  つれづれ
 | HOME |