2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.11.11 (Wed)

チヤコちゃん先生

秋の庭を眺めて佇むチヤコちゃん先生。
ほんと、絵になる姿・・です。

久しぶりにお会いして
充実の時間を頂きました。

いま、ライフワークにしていらっしゃる
蚕、繭のお話から始まって
伝統産業のこと、生き方や人との付き合い方、
いかにして自分の好きなことを
他の役に立てることができるか

チヤ子ちゃん先生は
この着物という文化、産業が
健全に残っていくための最前線に立っておられます。

「ねえ、どう思う、桑を食べないで糸を吐く蚕を作っているのよ」
「えっ、そんなことが可能なんですか、もしかして
太陽に当たらなくても育つ野菜みたいなものですか」

「ええ、絹糸の質を変えるためでしょうね」
「じつは・・ね」
って、なんとも驚くべき内容がつぎつぎと。

蚕さんにとっての一大事に
黙っていられなくなってきたチヤ子ちゃん先生。
これから一層、本物の繭、織、染の方法を
残すべく、取材をはじめられています。

大学の講師に、
名高いお寺のご法話にと
わがチヤ子ちゃん先生の人間性は
乾いた大地を潤す水のように広くしみわたっていくのです。

今日は出雲大社の
県立歴史博物館で企画展「百八十神座す出雲」をみて感激し
カフェでお茶をして長閑な秋を味わいました。

先生は若いときからのお気に入りの
細縞の黄八丈に、麗しの紅葉の染帯。
私は墨色の地に星形を織り出した米琉紬
紅花の黄や赤色がはいっています。

チヤコちゃん先生、
いいお時間を有難うございました。

そしていつも美味しい料理、さりげないもてなしで
協力してくれる小田温泉のスタッフに
感謝しています。


01:12  |  つれづれ
 | HOME |