2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2015.12.12 (Sat)

努力の成果

12月9日は心身活性療法2級講座の総仕上げ
個別発表と実技検定がありました。

5月から始まった初級に続いて2級に進んだ人たちは
本当に大変な努力と研鑽を通じて
ついにこの日を迎えました。

不安や緊張、どう進んでいいのか
わからないことだらけだったと思いますが
案ずるより産むが易し

やってみるものです。
体験に勝る認識はありません。

今日は個別の体験発表に対して
小川先生、成田先生が両隣についてくださり
それぞれの事例に対し
細やかで、暖かい解説を加えて下さったので

誰もが納得でき、認められる喜びを得られて
涙と感動の連続になりました。

会社の仕事として資格を得たグループも
限られた時間のやりくりの中で
四苦八苦しながら仲間と協力、
知恵を出し合い結果につなげてゆく姿勢には
大きな拍手が起こりました。

ガンのお父さんを対象に施術した友人は
「放射線治療により、がっくりと弱ってしまったときに
心身活性療法に出会い、たった1度の施術で
これがいい、と納得してくれました。」

「今までは1年に1度会えればよかったのが
短期間に12回も実家に通い喜んでもらえました。」

「9キロ落ちた体重も元に戻りガンは消えてしまい
今までより元気になってくれています」

4か月後に孫さんの結婚式に笑顔で歌う
お父さんの写真に誰もが感動の涙でした。

「どうやって進めていいか、わかりません、
書けません、無理です!」と嘆いていた仲間も

「もうとにかく、時間があれば温熱をやったんです」と
50回以上を記録を取って周りを驚かせました。

その結果、対象者の悩みの解決はもとより
「私が変わったんです。」
「もう、仕事が早く出来ること!サクサクできてしまうんです」

「そうでしょう」「そうだろう」と先生方。
きいてるみんなも「えらい変わりようですね!」と感心します。

何よりの驚きはたった3~4か月の間に
全員が、例外なく結果を出したということです。

親子の絆、夫婦の仲、苦しんでいた人間関係に
不思議な時間が流れ、解決される時だったんでしょうねと
思わせられました。

「心身活性療法はまさに愛行です」という声に
みんなで深くうなづき合いました。

すばらしい1日に感謝を込めて
いい仲間を授けて下さって有難うございます。



23:18  |  つれづれ
 | HOME |