2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2016.09.13 (Tue)

恋女房みたい

可愛くて、丈夫。
使いやすく、気取らない。
愛用のうつわたち。

ここまで書いて・・ん?
まるで恋女房じゃないですか。

ふだん普通に使っている鉢物や小皿。
ほとんどが100年以上の年月を生きてきた
江戸末期から明治、新しくても昭和のはじめのものです。

1200度以上の熱で焼かれた磁器で
重なりやすい形、そもそもこわれる要素が少ないのですね。

大ぶりの色絵の鉢はバラずしを盛っても、サラダでもOK.
中でも似合うのが肉じゃが、里芋の煮っ転がし。
深めの小鉢は酢の物、豆腐、時にはデザートまで
幅広く似合います。
小皿は万能。

何と定めず現代のお洒落な器ともよく調和しています。
バラバラなようでも
日本人の美意識に基づいて作られているからだと
勝手に楽しんでいます。

料理もアートですし、ね。

雨は収まったようですが
雲行きはまだまだ不安定、
用心に越したことはありません。



21:33  |  つれづれ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。