2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2017.01.06 (Fri)

ご縁が続く

1月5日
2日に京都の娘が孫を連れて里帰り。
3日には前板長が年始を兼ねて、遊びに来てくれました。

孫たちは、お年玉をもらって大喜び。
退職後も変わらぬ縁に感謝するばかりです。

店の忙しさの合間を縫うように
若女将も仲間に加わってコーヒータイム。
孫の宿題に大人3人がなにやかにや・・
テーブルの手前には京都の孫たちがいて
賑やかなことです。

夫は楽しさに興味津々ながら
日ごろの静かなペースとはあまりの違いに
戸惑いがあるようです。

ベッドに帰ってはまた出てみるを繰り返しています。
この頃はコーヒーもとろみ無しで飲めるようになって
多少の付き合いはできるのです。

久しぶりにいらしたS先生は
私たち夫婦の日常が
あまりにも変わってしまっていることに
戸惑っておられました。

「あんなに一緒に飲めたのに
どうしちゃったの」
「女将も着物で大活躍だったのに
ほんとにお店には出ないの」

「先生、この変化に対応できてるのを
見ていってくださいね」

困難の時いちばんだいじになるのは
身近な人たちと如何にに手を述べ合えるかです。

親子も、兄弟も、仕事仲間も
思いやりでつながり、気持ちを察しあえ
支えあえる関係。

支え上手で、甘え上手。
有難うがいっぱい言える関係があるかどうか。

少しお年を召された先生と
1週間を共にして若夫婦も
ずいぶん学ぶところがあったようです。

明日はお帰りになるのですが
日々ご無事でお元気でと祈るばかりです。



01:27  |  つれづれ
 | HOME |