2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017.09.14 (Thu)

神楽の衣装

9月13日
朝晩の温度差が15度以上、
作物の実りには理想的ではありますが、
また週末には嵐の模様です。

川辺のサロン「平家物語」まで、あと半月。
秋は速足で進んでいます。

女将の着物は、華やかな秋草
大女将の着物は物静かな秋の裾模様。

まだ9月ですのでやや薄手の生紬です。
帯の色はそれぞれ黄金色と薄水色を考えています。

10月14日に小田神社の祭礼があり
2年に一度の奉納神楽で
孫は八乙女を舞うそうで夜9時過ぎまで
練習に通っています。

衣装の着物は自分持ちといわれて
皆さんが困り顔。

女将が子供のころ同じ演目を担ったのですが
そのころはもっと小さかったので

家々に祝衣装があって寸法を伸ばせば
まに会ったのです。

このたびは4人全員が140㎝~150㎝
身幅もあるが大人ほどではない。

出雲には十三参りの習慣がないので
その寸法の着物は一般の家にはまずありません。

みんな仲良しの友達なので、お母さんたちも
「温泉のおばあちゃんに借りましょう」と
話していると。

う~ん・・と考えていたら孫が
「どう考えても。おばあちゃん以外に
用意できる人はいないと思う」ときっぱり。

アンティーク衣装の中から
あれこれ探してみています。



22:52  |  つれづれ
 | HOME |