2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010.11.10 (Wed)

世の中が騒がしい時は

立ち止まってゆっくりと、原点を見てみよう。

問題は自然に起きてるのではなく、大半は何かを隠すために起こされている。

「大衆は愚かである。同じことを言い続ければ信じるようになる。」
というのは、かの有名なヒ〇ラーの言葉であるが

嘘でなさそうなのがつらいところだ。

尖閣の問題は何十年も続いてきたことだろう。
それとも、毎日こうして追いかけながら、解説付きで
撮影しているのだろうか。

周辺国との問題を解決する手段として中国の世論は
話し合いが良い62%、武力に訴えるは38%だったそうで

あちらが冷静かも、と思う。

先日から、岡田さんが小沢さんを呼びたいけど来てくれないとか
会ってくれない、とかという記事を見て

「ほおっ、やっと外交や国会運営について意見を聞く気になったのか」と感心したら
まだ、説明責任のことだと・・。

ニコニコ動画で小沢さんが90分にわたって多くの人の質問に答えられた。
あとから見た人も含めて23万人以上が視聴している。

もっと拡散していくだろう。

ユウチューブやニコニコ動画で岡田、小沢対談を心からお勧めする。
30万人位はみると思う。いや100万人か?

私は双方の言い分を一人ずつ出て、子供たちの前で話して、判断してもらうほうが
まともな答えが得られる、のではないかと思えてきた。

その様子もネットで中継するのがよい。編集はダメ。

け〇さつは「疑って調べたが証拠がなかった」と2度も発表した。
メディアは一面で大きく書かねばならない。

あれだけの騒動を起こしたほうが、国会に出て説明をすべきだろう。

普通に考えればこの考えが道理に合う。
国民のジレンマは大きい。

怪しいから・・で、ものを言っていいのか。
それとも、みんなで渡れば怖くない・・か。

こんな姿を子供たちに見せていいのか。

西郷さんの言葉が現実味を帯びてくる。
ほんとに国の礎がぐらぐらだ。

中国高官の「20年後には日本という国はないかもしれない。」という発言の
あの20年後は、今頃ではないか・・。おお、こわっ!

予算委員会でろくに討議もせず、時間ばかりが過ぎる。
これで国家予算が出来上がるとしたら、それを作っているのは
いったい誰かと言いたい。

国会期間中に決められず、延期するなら追加の時間は無給でやるべきだ。

このままでは議員の日当が増えるばかりだ。
もちろん手伝っている官僚の、もだ。
税金がいくらあっても足りないはずだ。

民間の請負仕事は、約束通り渡せなければ賠償責任がある。

ただ、いい加減な人間は正体を見られているし
だれが本気で国民の側にいるかも見えてきている。

国民をなめたらいけない。

上辺に惑わされずに、その奥を見よう。
水の表が騒ぐときは下からヘドロが上がってくるものだ。

外に出たヘドロが役に立つこともある。



----------------------------------------------------------
はたご小田温泉は島根県出雲市にある一軒宿です。
出雲大社と石見銀山への観光に大変便利な立地です。
公式ホームページはこちら>>http://www.odaonsen.jp
02:55  |  つれづれ
 | HOME |